Breathing Time

anriko.exblog.jp
ブログトップ

娘とデート

昨日、久々に長女と二人でお出かけしました。

目的は「アリス イン ワンダーランド」へ。
c0216434_14201721.jpg


この映画の予告があった時期に、
私が子供の頃に本で読んだ「不思議の国のアリス」のお話を子供にしてました。
子供心にワクワクドキドキ楽しく、心に残っていた1冊だったのです。
そして、図書館で本とビデオがあったので借りました。
子供は15分程のビデオを見て「不思議の国のアリス」のストーリーを理解したかのように言ってましたが、
やっぱりこの物語は映像で見るより、本で読んで自分で想像するのが楽しいと思います。
まさに私の子供の時に読んだ想像が、今でも強烈に残っているからです。

そして、そんなアリスが19歳になったという物語。
子供は続きが見たくて仕方ありません。(私も)

なんと1000円Dayしか映画に行かない私ですが、
この度は前売りまで買って楽しみにしていたんです。

そしてようやく見てきました。
もちろん子供の希望で3D映像で。

ストーリーは想像通りのもので、特別どうこうといった感想はありませんが、
私的にはジョニー・デップのあの独特な演技力はスゴイと思いました。
すごくいい味が出てます。
彼の事はもちろん子供も「チャーリーとチョコレート工場」のDVDを見て、
強烈なインパクトで覚えていました。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」でもそうでしたが、
子供にとって彼の奇抜なメイクや奇妙な動きや眼力が、
他の俳優と違いかなり印象的なんでしょう。

そんなジョニー様にうっとりな私でしたが、
子供は、単純明快なストーリーがかえってお気に召したようで喜んでいました。

3Dの感想は、あまり3D感がなかったです。
私はアバターは見てませんが、すごい映像だという噂はよく耳にします。
多分アバターを期待されてアリスを見ると、物足りないだろう思います。

よくよく思い出すと、3Dは子供が小さい時から、
USJで「セサミストリート」や「シュレック」「ターミネータ」で何度も見てます。
「スパイダーマン」なんてすごい立体映像が全身で体感できる、3Dの極みかも。
だから今時の子供たちや、この世代の子供を持つ親は、
最近の3D映画よりずっと前から、3Dの世界を体験している人も多いのではないんでしょうか!?

だから別にこの映画に関しては2Dでもいいように感じました。
メガネ経験のない私たち親子には、2時間メガネをかけっぱなしと言うのもどうも違和感がありましたし。
そうそう、18:20からの上映だったせいか、子供はうちの子だけでした。
あとはみんな大人。

でも、ずっと楽しみにしていた映画に長女と2人っきりで行けたことがとても嬉しかった。
たまにはいいよね。
いつも下の子のわがままに付き合わせられてるから!
[PR]
by ki-ka-zu | 2010-04-22 14:59 | おでかけ

子育てと仕事の合間のホッとしたひととき、なんでもない日々の記録


by KIKIママ