Breathing Time

anriko.exblog.jp
ブログトップ

8.6 広島原爆の日

昭和20年8月6日 8:15 広島原子爆弾投下

広島に引っ越してきてから3度目、この日を深く考えるようになりました。

小学校もこの日は「平和集い」といって登校し、戦争の体験談を聞かせてもらい、
戦争と平和について勉強します。
だからきっと広島県で育った子供たちは、他の県の子供や大人たちと違い、
戦争についてはたくさんの教育を受けてるはずです。

2年半前に引っ越してきた私でさえ、
職場で原爆手帳をもった患者さんを見ることが多々あるのですから考えさせられます。

この日はちょうど子供たちは帰省中で私一人。
子供がいない時にしかできないことのひとつ。

今までTVでしか見たことがありませんでしたが、
広島県民になった以上、一度は行っておかないと・・・。
c0216434_1014442.jpg

今回で65回目の平和記念式典。
世界各国、日本各地からたくさんの人が訪問されてました。
c0216434_1052891.jpg

式典は炎天下の中厳かに、かつ正確なタイムスケジュールのもとに行われました。
こちらのメイン会場は人がいっぱいだったので、
平和公園内の木陰に設置されているTVモニターを見ながら、
涼しく参加させていただきました。

8:15 黙祷

隣に座ってTVモニターを見ていたおじいさん。
一緒にいた人たちに、自分の原爆体験を話していました。
ついつい私はおじいさんの話に耳が・・・。
飛行機がしばらく止まったなっと思ったらピカッ!と光り、
次の瞬間ドカ~ンと、そしてきのこ雲。
その後に降った黒い雨・・・。
「この世の生き地獄」
原爆投下後の話しでよく耳にする言葉ですが、
そのおじいさんが語るにも、まさに「この世の生き地獄」だったそうです。
おじいさん、下肢に火傷のあとが残っていました。


式典後、平和祈念館と平和記念資料館を見学。
何度行っても涙が込み上げてくるものがあります。

ちなみに下の娘は一度行った時の衝撃が強すぎて、怖がって行きたがりません。
でも、もう少し大きくなれば意味がわかってくれるかな。
c0216434_10273240.jpg


見学後は行列もなくなってたので参拝。
c0216434_102638100.jpg

            安らかに眠って下さい
               過ちは
             繰返しませぬから

この言葉も何度見ても涙が込み上げてきます。

原爆の子の像
佐々木貞子(像のモデル、原爆による白血病で死去)の同級生等による募金運動により作られた像。
c0216434_1037479.jpg

こちらを通りがかった時、ちょうど歌手のクミコさんと遭遇。
実は知らなかったんですが、USENリクエストチャート1位になった「INORI」を歌っています。
クミコさんは折りヅルを貞子さんの像の所に持ってきてました。
訳も分からず、この報道陣の数は何事か?!って圧倒されてたんですが、
夕方のニュースでクミコさんの事を知った私。
偶然にもニュースで私、小さく写ってました^^;


この日、平和祈念式典に参列できたこと。
私の生涯でも深く心に刻まれた1日でした。

行ってよかった・・・。

行けてよかった・・・。
c0216434_115238.jpg

[PR]
by ki-ka-zu | 2010-08-07 11:06 | おでかけ

子育てと仕事の合間のホッとしたひととき、なんでもない日々の記録


by KIKIママ