Breathing Time

anriko.exblog.jp
ブログトップ

実家周辺散策前編

久々にオットの実家に行ってきました。
先日オットの両親がうちに来た時に話してたあるものをお届けに。。。
(この日記は後日)

オットの実家はのんびりゆったりとリゾートなどには最高の場所なんですが、
若い世代の人が住むにはちょっと不便な場所。
この町、実家かオットの店意外にはあまり行ったことがなかったので、
この日は実家周辺の前から気になってた所に行ってきました。

まずは国道沿いにある一見入りにくそうな「だるま食堂」でランチ。
c0216434_13113734.jpg

お母さんいわく、
昔ラーメンが食べたくなると子供(オット)と一緒に中華そばを食べに行ったとか。
(周辺ラーメン屋さんがなかったそうです)
中に入ってビックリ!
だるま食堂のおかあさん、カラオケ大好きのようで、
いっぱい演歌歌手のポスターが貼ってます^^;

そして入り口付近にあるショーケースには、
長年おかあさんが集めたお菓子のおまけ?!の料理のミニチュアがぎっしりと並べられています。
今下の娘がリラックマの料理のミニチュアコレクションに興味を持ってるので、
これをみてかなり興奮!
せっかくなのにカメラの充電切れで撮影できなくて残念。。。

そしてもうひとつ。
今アンティークなものに凝ってる私。
アンティークというよりは古道具(同じことか^^;)と言ったほうが妥当なのか、
店内の木でできた机と椅子。
見方によってはとても素敵でかわいくも見えるんです。
あ~、我が家にお迎えしたら似合いそう^^
って正直思いました。

そしておでんを炊いてる石釜?!みたいな、これまた年期の入った鍋。
もうず~っと同じ出汁に具をつぎ足して煮込んでるそうで、
美味しそ~と言った私と子供たちにスジ肉を3本もサービスしてくれました。
さすが長年じっくり煮込まれた出汁だけあってしっかり甘く濃く、
スジ肉にも味が十分染みててやわらかくて美味しかった^^

肝心の注文した中華そばはというと、
昔ながらの中華そばでスープは薄めで家庭的な味がしました。
今じゃいろんなスープや麺にこだわったラーメン屋がたくさんありますからね^^;

でもこの昭和にタイムスリップしたような、
子供にとってはすごく不思議な空気の店内は、
私にはとても懐かしくあたたかい思いにさせてくれました。
そうそう、他にいたお客さんもみんな常連さんで、
おかあさんと話をするために食べに来てる感じでしたからね。


次に行ったのはミュラー・オオタニ。
国道沿いに看板は出てるんですが少しわかりにくい所です。
c0216434_1327824.jpg

駐車場に車を止めて少し上の方に登って行ったところに
ドイツの手造りハム・ソーセージのお店があります。
c0216434_13274258.jpg

こちらもカメラの電池切れで店内を詳しく紹介できないのが非常に残念ですが、
手持ちの携帯で外撮影はなんとかできました。
門の看板は、営業中なのかclosedなのかよくわかりませんでしたが、
とりあえず中へ入ってみることに。
c0216434_1356192.jpg

うわ~、この大きな煙突みたいな窯で燻製を作るんですね。
すごい!
c0216434_13293759.jpg

この扉の向こうには、
c0216434_13301358.jpg

ま~、コチラのお店もアンティークな置物や家具がぎっしりで、
私のツボがくすぐられます^^;
すごく欲しくてさがしてる、脚がアイアンのチェアーもあります。
ハムを買いに来たのにこっちに目が行くとは^^;

この前室でスリッパにはきかえ、もうひとつ扉をあけると、
買いに来てるお客さん3人待ち!
やってたことにも驚いたけど、こんなにお客さんが来るのね~。

順番待ちのあいだも店内のアンティーク家具でいっぱい楽しませていただき、
私の欲しい熱も上昇!
こんな片田舎にこんな素敵なお店があるなんてね。
でも決してこれは売り物じゃない^^;

そして順番がきて、ショーケースに並べられてるハムやソーセージを、
どうやって注文して買ったらいいのかよくわからず、
前のお客さんはかたまりを切ってもらってたけど、
私は真空パックのを買ってしまいました。
c0216434_1340913.jpg

c0216434_13412519.jpg

昨晩早速1種類頂きました。
あ~、燻製の匂いが口の中でほわ~んと広がり、美味しすぎる!!
ワインがいるよ!!!
買い置きワインがなかったので、続きは近々。。。

普段用でハムにこの値段はちょっと高いけど、
スペシャルな日にはいいかも^^
いいお店みつけてしまったわ♡


実家周辺散策後編へつづく。。。
[PR]
by ki-ka-zu | 2011-02-27 13:59 | おでかけ

子育てと仕事の合間のホッとしたひととき、なんでもない日々の記録


by KIKIママ