Breathing Time

anriko.exblog.jp
ブログトップ

リベンジ道後温泉!

去年の夏に一度行って、暑くて、混んでて、時間がなくて行けなかった道後温泉。→前回

あれからもずっと行ってみたかったのと、先週にっしーがブログで「道後温泉すごく好き!」って言ってたのが今回決行した最大の理由。

にっしーのひとことで、行きたい熱に火がついた単純な私(^_^;

今回もしまなみ海道を横断せず、広島の忠海港から大三島の盛港までフェリーで渡って行きました。
c0216434_09031145.jpg

この時期の道後温泉は気候もよく、平日は空いててオススメらしいです。

c0216434_09031336.jpg

確かに人もほとんどいなくて、前回満室で諦めた、3階個室で80分休憩できて、浴衣とタオルがついてて、神の湯も霊の湯も入れて、お茶と坊ちゃん団子がついて1550円のコースもすぐに入れました。

まずは3階の個室に案内されます。

昔の建物の風情ある趣きや、急な階段、歩くとミシミシ鳴る床など、木材、土壁がどこか懐かしく、反対に新鮮にも感じ、とても素敵でした。

3階の6畳の間に案内され、浴衣に着替え、タオル1枚持ってお風呂に向かいます。

二階の霊の湯から入りましたが、入れ違いに1人出ていかれましたが、なんと私1人の貸切状態という贅沢さ。

石の浴槽で、結構深めで座るも立つも中途半端な、今でいうユニバーサルデザインとはかけ離れたものでした。

窓なく、景色も楽しめないので、一人で長時間浸かっているには退屈ですが、今時のスーパー銭湯とか、ホテルや旅館のお風呂とは全く種類が違ったお風呂空間がよかったです。

でもここは早々に引き上げ、次に一階の神の湯へ。

こちらは大正時代の大衆浴場的な感じ。
浴室の真ん中に大きな浴槽が1つあり、壁に書かれた絵や石造りの浴室が面白かった。

こちらの浴槽も中途半端な深さで立ちも座りもできない中腰でしたが、地元のお婆さん達が何人か会話しながら入ってました。

温泉はポカポカと顔が熱ってあったまるので、長時間は入ってられなかったな。

脱衣所の木のロッカーも懐かしく、雰囲気はとってもよかった。

2箇所のお風呂から上がると三階で休憩。
お部屋にはお茶と坊ちゃん団子を持ってきてくれました。
c0216434_09031978.jpg

お部屋でゆっくりした後は、天皇陛下のためのお風呂とか案内されしてくださいました。

でも今はもう使ってないみたいですけど。

それと写真家の蜷川実花さんと道後温泉の道後アートも開催中で、暖簾や窓の華やかな花柄は、古さと新しさのコラボが斬新的で、よかったです。
c0216434_09032216.jpg


今回やっと行けた道後温泉。
はじめは乗り気じゃなかったオットの方がスッカリ気に入ってしまって、今度は一人で泊まりで行く計画を立ててました(笑)

[PR]
by ki-ka-zu | 2015-12-23 09:00 | おでかけ

子育てと仕事の合間のホッとしたひととき、なんでもない日々の記録


by KIKIママ