人気ブログランキング |

Breathing Time

anriko.exblog.jp
ブログトップ

フィリピン料理に挑戦!

昨日は月に1回のワールドクッキング教室に行ってきました。
今月はフィリピン料理。

講師の先生はアナ先生で、こちらの大学で物理学を教えているそうです。
私は物理は嫌いではないけど、女性で物理学の講師なんてスゴイ!
しかも子供が3人いるにもかかわらず、
単身赴任で日本に来ているとは同じ女性としてスゴイの一言です。

そんなアナ先生に教えて頂いたメニューは、
 ・エンブチード(フィリピン風ミートローフ)
 ・シニガン・ナ・ヒーポン(エビの酸っぱいスープ)
 ・ギナタン(白玉入りココナッツミルク)


まずはエンプチード。
これは材料的には日本人が普段使いなれている材料でできるから、全く癖がない味の料理。
豚ひき肉に細かくみじん切りにした野菜やトマトソース、チェダーチーズ、レーズンやピクルスなどを入れてこねます。
味付けは塩コショウのみ。
チーズや野菜で結構な味がでますので。
c0216434_8124744.jpg

こねたネタをアルミホイルに敷き、
その上にゆで卵とウインナーを並べ、空気が入らないようにしっかりと包みます。
c0216434_8143362.jpg

c0216434_8151474.jpg

これを蒸し器で蒸しできあがり。
温かいままでも美味しいけど、冷やした方がもっと美味しいと先生は言ってました。
c0216434_8163684.jpg


次にシニガン・ナ・ヒーポン。
これはトムヤンクンみたいなのかと想像したけど、
辛くはなくて酸っぱいスープ。
スープのポイントはこのシニガン・ミックス。
c0216434_8202218.jpg

少し粉をなめてみると、
ポテトチップスのフレンチサラダ味のような味。
これがスープのベースになります。
c0216434_8214635.jpg

さっぱりと美味しいスープができました。
c0216434_8222378.jpg


デザートはギナタン。
コチラはジャックフルーツやココナッツミルクといった、
フィリピンらしい食材を使用。
c0216434_824258.jpg

そのほか、もち米粉で作った白玉、サゴ(タピオカ)、サツマイモなど。
c0216434_8244068.jpg

これらを煮込みます。
c0216434_15324985.jpg

やはりこれは南国デザート風な味でした。

以上3品。
c0216434_15334437.jpg

お腹いっぱいになりました^^

ワールドクッキングのいいところは、
世界の家庭料理を現地の講師から教わりながら実際に自分たちで作って食べれるところ。
こんな機会がなかったら、フィリピン料理もきっと食べることもないでしょうからね。

来月はインドネシア料理。
同じような料理かしら・・・?!
by ki-ka-zu | 2012-01-18 15:39 | 学び

子育てと仕事の合間のホッとしたひととき、なんでもない日々の記録


by KIKIママ