Breathing Time

anriko.exblog.jp
ブログトップ

エジプト料理に挑戦!

今月のクッキングはエジプト料理でした。
c0216434_15563430.jpg

エジプトといえばピラミッドとツタンカーメンとナイル川くらいしか思いつかない私。
そんな程度しか知らなかった無知な私ですから、エジプト料理も全く未知なものでした。

今回の講師はラシャさん。
大学で数学の研究をされているにもかかわらず、4人の子供をもつ母でもあります。
異国の地でなんとたくましい・・・。


++ メニュー ++
 オクラスープ
 ライス
 ザラビア    以上3品


まずはオクラスープから。
c0216434_1559949.jpg

材料は、イスラム教なのでハラールという牛肉、オクラ、玉ねぎ、辛~い唐辛子を切ります。

牛肉は沸騰したお湯に入れ、アクを取りながら、塩コショウで味をつけ、反煮えになるまで煮ます。

別の鍋に玉ねぎと唐辛子を茶色くなるまで炒めたらオクラを入れて炒め、トマトの水煮をミキサーでペースト状にしたものを加え、塩コショウで味付けして煮ます。
そこに、肉とスープを加えてさらに煮て、火を止める2分前にみじん切りしたニンニクを加えて出来上がり。
ニンニクは火を止める2分前というのがポイントのようです。
辛さは唐辛子の量で調節できますが、3本入れただけでも鼻水が垂れるくらい辛くって、でもクセになる美味しさでした。


次にライス。
もう少し詳しく言えば素麺ライスとでも。
c0216434_16105036.jpg

フライパンに油を入れ、素麺をカットして入れて色が黄色っぽくなるまで炒めます。
炊飯器に洗った米、炒めた素麺、塩、米の分量の水を入れて炊くだけ。

なんかアカン飯のようですが、意外にイケる味でした。
子供ウケしそう^^

デザートはザラビアという、大きな天かすに甘いシロップを絡めたようなもの。
c0216434_16151286.jpg

まずは生地作り。
ドライイーストと砂糖とお湯を入れ、発酵させる。
発酵したら小麦粉とお湯を入れて混ぜ、ラップをかぶせてさらに発酵させる。
この状態がちょうど天ぷらの衣のような水っぽい生地です。

絡めるシロップは砂糖と水を煮詰め、最後にレモン汁を少し垂らす。
あまり粘度はきつくないほうが絡みやすいです。

ここまで準備ができたら生地をスプーンですくって油で揚げていきます。
c0216434_16205326.jpg

揚げたものをシロップで絡めて出来上がり。
結構カリッカリでシロップが十分にしみてるのが美味しくって、何個でも食べれてしまうくらい美味しい!
カロリーさえ気にならなければね^^;

今日の3品。
c0216434_1622481.jpg

エジプト料理、想像してたものと違って日本人のお口にも合うなかなか美味しい料理でした。
ご馳走様です♪

みんなで試食中に話していたエジプトの結婚事情。
日本では考えられないお話でした。
結婚相手はいくら本人たちが気に入ってても、父親がOKしないと結婚しないそうです。
もちろん結婚前の男女はデートもできない。
そんなことはイスラムの世界ではタブーなようです。
そして、結婚するとなれば、家などは女性の親がすべて用意するみたいです。
娘をたくさん持つお父さんは大変!
ラシャさんも4人姉妹と言ってたような・・・。

そして嫁と姑事情なんかも^^;
これは日本でもいろんなパターンがあるから一概には言えないと思うのでノーコメントですが・・・。

そんなエジプト人とのトーク、結構興味深く、楽しかったですけど。


国や宗教が変われば料理も結婚観も生活も全然違う。
毎回このクッキングに参加していろんな意味でとても勉強になっています。



さて、次回はこれまた未知なバングラデシュ料理。
でも以前習った事があるような・・・。
その頃はこうやってブログに残してなかったので記録がありませんが、こうやって残しておくと振り返れるのでいいですね!

では来月にまた。
[PR]
by ki-ka-zu | 2013-02-23 16:56 | 学び

子育てと仕事の合間のホッとしたひととき、なんでもない日々の記録


by KIKIママ