Breathing Time

anriko.exblog.jp
ブログトップ

歯列矯正その後…

うちの次女、乳歯の時から歯並びが悪く、小1になる前から歯列矯正をはじめました。
当時の日記→


あれからかれこれ7~8年経過。
顎の成長と共に何度も装具を作り替え、ワイヤーで貼付けにしたり、毎月歯科に通い、親娘共に頑張りました。

そして先週、とうとう上の歯のワイヤーが外されたのです!
c0216434_18100697.jpg

とてもキレイになりました。

これは上の歯型。
c0216434_18101157.jpg

中から見ると
c0216434_18101496.jpg

でもこのままだとまた歪んでくる可能性があるので、夜ねる時だけはめる装具をつくりました。
c0216434_18101894.jpg


下の歯はまだもう少し広げた方がいいので、夜ねる時だけ顎を拡げる装具をつけてます。

今まで歯を出して思いっきり笑顔で笑えなかったと言う娘。
やっぱりワイヤー見えたらお年頃だから恥ずかしいよね。

そして吹奏楽部でもマウスピースの楽器は断念してパーカッションになったんだよね。

娘もいろいろと辛い思いもしたけど、頑張ってよかった!

私は途中で断念してしまった人やから…。

今時の子は男女共に矯正率高いようで、昔ほど違和感ないけど、歯列矯正にもいろんなやり方があるみたい。

子供同士の情報交換では、歯を抜いてワイヤーで引っ張って歯を移動させる方法が多いようだけど、これは私もやってたけどメッチャ痛い。
しかも上下2本ずつ健康な歯を抜かれたから合計4本人より少ない。

でも娘の矯正は歯を抜かずにする方法で、装具で顎を拡げて歪んだ歯が入る隙間を作っていった。
だから、乳歯から永久歯に生え変わるタイミングでどんどん拡げていった。

そうすることで、顎が緩んでるから全然痛くないんだって。

歯列矯正も進化するよね。

時間もコストもかかったけど、ホントに頑張ってよかった。

まだもうしばらく続くけど、一段落。
[PR]
by ki-ka-zu | 2016-04-23 17:46 |

子育てと仕事の合間のホッとしたひととき、なんでもない日々の記録


by KIKIママ