Breathing Time

anriko.exblog.jp
ブログトップ

2013年 01月 22日 ( 1 )

ペルー料理に挑戦!

今年最初のお料理教室はペルー料理でした。

ペルーって南米だけど、どこにある?!
c0216434_10452716.jpg

あ~、こんな所だったんですね。
お友達のツッキーの育った国、パラグアイがこんなとこにあったんだ!と今更あらためて知る私^^;
そしてあの有名な世界遺産マチュピチュ、謎に満ちたナスカの地上絵もペルーだったんだ!

ペルーはスペインの植民地だったこともあり、言語もスペイン語を話し、料理もスペイン料理系。
だからお料理もとっても美味しくいただくことができましたよ。


今回の講師の先生は日系2世のカルメンさん。
もう23年も日本に住んでるので日本語も通訳なしでOK!
娘さんも日本で結婚して、可愛いお孫さんまでいらっしゃる若い若いおばあちゃま。
料理やお菓子作りがとっても得意なんですって。

++ 今回のメニュー ++
ロモ サルタード
パパ レジェナ
セビチェ
            以上3品

プラス、デザートにカルメンさん手作りの32cm型のビッグサイズなオレンジシフォンケーキ。


今季になって生徒さんの人数が減って、一人あたりの仕事量がたくさんあり、なかなか写真を撮る間がないのでかなり省略ですが・・・。


はじめにペルー料理には私たち日本人では考えられないほど大量のニンニクを使います。
これが美味しさの秘訣かもしれません。


+パパ レジェナ+
これはスペイン料理で見たことがありました。
日本風に言うと巨大コロッケとでも。

ひき肉、玉ねぎ、にんじん、ニンニクなどを炒め、塩コショウ、クミン、パプリカパウダーで味付け。
c0216434_1153514.jpg

真ん中の画像がパプリカパウダーです。
なかなか日本で見たことないけど、これを加えるとパプリカの風味が加わり、色もオレンジっぽく変わります。

あとは茹でて味付けしたじゃがいもを丸めて広げ、炒めた具とゆで卵を包み込んで小麦粉、卵液をつけ、油で揚げます。
中は火が通ってるので、表面だけで大丈夫。
c0216434_11133383.jpg

c0216434_11104828.jpg

これは文句なしに美味しそうでしょ!

+セビチェ+
これは日本で言う海鮮サラダ。
ここでは私の中でありえないドレッシングを作りました。

鯛、イカ、タコなどの海鮮類は切って、エビは茹でておきます。

ドレッシングはミキサーにニンニク1個分ほど(1かけじゃないよ)、ポッカレモンまるごと1瓶全部、しょうがや塩コショウ、唐辛子をミキサーし、最後になんと牛乳投入~!
恐ろしそうな白い液体ができましたが、舐めてみるとこれが美味しい^^;
レモンの酸味を牛乳がまろやかにしてくれてるんでしょうか?!
そしてニンニクを臭みをしょうがで消して・・・みたいな?!

海鮮類と玉ねぎや刻んだセロリとこのドレッシングを和えます。
c0216434_1122657.jpg

チョクロという巨大トウモロコシ。(見たことなかった・・・)
このトウモロコシは白くて大きいんですが、甘味が全然ありません。
これを茹でます。
c0216434_11233741.jpg

あと、さつまいもも茹でてカット。
これらを盛り付けて出来上がり。
c0216434_11262817.jpg

これもクセになる味で美味しかった~。

+ロモ サルタード+
まず、じゃがいもをカットしていちからフライドポテトを作ります。
牛肉、玉ねぎ、トマトを炒め、ここでもニンニク大量に入れ、塩コショウ、クミン、醤油、酢を入れて炒め、最後にフライドポテトを入れて混ぜて出来上がり。
c0216434_1130473.jpg

ニンニク醤油の効いた炒め物、ビールがすすみそうな一品でした。

そしてこれが32cmのオレンジシフォン。
ちなみに私がいつも作るのは17cm。倍です!!
c0216434_1132883.jpg

これは卵8個分ですって。
さすがにこの大きさはベーキングパウダーも使って膨らませていたようです。
こんな大きな型があれば一気に大量生産できて便利ですよね。
でも、うちのオーブンじゃ天井つかえて焼けないわ^^;
オレンジシフォンもとても美味しかったです。

最後はみんなで楽しくおしゃべりしながらペルー料理をいただきました。
c0216434_11393539.jpg

ごちそうさまでした!
ペルー料理店、行ってみたいな~。

次回はエジプト料理。
これまた想像できない料理です^^;
[PR]
by ki-ka-zu | 2013-01-22 11:47 | 学び

子育てと仕事の合間のホッとしたひととき、なんでもない日々の記録


by KIKIママ