Breathing Time

anriko.exblog.jp
ブログトップ

タグ:習い事 ( 8 ) タグの人気記事

ZUMBAサークル

今年5月に始まったZUMBAサークル。
今回4回目の参加でした。
c0216434_20041204.jpg

今回は次女も一緒で2回目の参加です。

初めて行った時は60分ダンスしっぱなしで息切れ大変やったけど、
ジムで体力はついてきたかな。

最近ではジムのスタジオメニューのZUMBAも行ける時は参加してるんやけど、断然サークルの方がキツイ!
そしてメッチャ楽しい(≧∇≦)

ただ、膝が痛くて思うように踊れないのが辛い…。

だんだん痛みがひどくなるからサポーター買ってみた。
c0216434_20041304.jpg

やっぱりサポーターしてたら安定感あってちょっとラクやけど、脱ぐと痛い。
それとずっと履いてたら膝の後ろがかぶれる。

早く治って思いっきり踊りたいー!

あと、カラフルなサムエルパンツも2枚買ったよ。
娘に貸してあげたら股下が長くって、
ウ〇チ漏らしてるみたいー!
って言ってたけど(^_^;
c0216434_20041414.jpg

履きやすくて肌触りも良くって、ダボダボやから踊りやすくってお気に入り(^-^)

帰宅部、文化部だった私ですが、この歳になって運動の楽しさを知ったようです。

いつまで続くか(笑)
[PR]
by ki-ka-zu | 2016-10-01 20:00 | 運動

ZUMBAサークル

5月のお話ですが、
花凛さんのお誘いで、5月から立ち上げたズンバサークルに行ってきました。

たまたま部活がお休みだった次女も誘って2人で参加。

ジムで鍛えて1ヶ月、少しは体力もついた頃。
ていうか、ズンバのためにランニングマシーンで持久力を高めていたのが正直なとこ。

全然自信も体力もなかったけど、がんばってみたわ!

私といえば、経験者のみなさんよりワンテンポ遅れたり休憩したりしながら、必死で60分間踊りっ放しで、ヒーヒー、ハーハー言ってました。

リズム感も劣ってるわ…。

初めての娘は体力だけはある。
さすが14歳の若者です。
でもね、セクシーな動きはやっぱり恥じらいが先行して苦手なようで…。

でも楽しくって、あっという間の60分でした。
みんなで踊るって楽しいねー。

普段のジムでは時間的にスタジオメニュー参加したことなかったから。

毎月1回のズンバサークル。
めっちゃ楽しみです。

今月はついていけるかな!?
c0216434_21505056.jpg



[PR]
by ki-ka-zu | 2016-06-17 21:35 | 運動

シュトレン教室

今年で3回目の参加ですが、パン屋さんで開催されるシュトレン教室に行ってきました。
今回は可愛い後輩二人を引き連れて。
c0216434_22254041.jpg

こちらのレシピはドイツで決められている材料の配分で作ったものだそうです。

生イーストを使い、真ん中にマジパンが入ってるのが特徴です。

そしてなにより、家庭ではなかなか難しいけど、たっぷりの溶かしバターに焼いたシュトレンを贅沢に浸して、
c0216434_22254464.jpg

グラニュー糖を真っ白につける。
c0216434_22254896.jpg



こちらでは参加者に格安価格で、しかも計量済みの材料を分けてくださいます。
もちろんお店で売ってるのと同じ配分で。

これを買って、クリスマス前の休日に思い出しながら作ってみました。
これは覚え書きがわりの画像です。
c0216434_22255042.jpg

c0216434_22255388.jpg

c0216434_22255626.jpg

これらはいつもお世話になってる人達へのお届け物に。

今年我が家ではクリスマスらしいことが何一つできなかったけど、シュトレンだけは焼けたかな。


Merry Christmas☆彡

[PR]
by ki-ka-zu | 2015-12-25 22:06 | お菓子
中学卒業した娘の長~い春休みのおかげで毎日忙しくって、スッカリ忘れていました。
3月のクッキングレポ(^_^)

レシピもどこかにいってしまい、もうほとんど忘れてしまいましたが、今回はアフガニスタン料理。
c0216434_20572857.jpg

以上3品です。

ブレンジ(ライスプリン)は、ごはんと砂糖とココナッツミルク、バニラオイルなどを煮込んでドロドロにしたデザート。
ナッツを刻んだものをトッピングしていきなり出来上がり画像!
c0216434_2103268.jpg


ペカウラ(ポテトフリッター)は、ジャガイモや野菜をみじん切りにしてカレーパウダーなどで味付けしたものを揚げる。
c0216434_2124277.jpg

c0216434_212253.jpg


ボラニ(平たい円形パン)は、こちらも野菜や鶏肉を細かく切って混ぜたものを、パン生地に包んでオーブンで焼く。
c0216434_2185787.jpg

c0216434_2192266.jpg


ライスプリンは甘かったけど、他のは意外と薄味で、塩やケチャップでもかけて食べたいようなお料理でした。
味付けをアレンジしたら日本人にもアリかな(*^^*)
c0216434_21154061.jpg

そうそう、ポテトフリッターには画像左下のニンニクたっぷりのヨーグルトソースをつけて食べるのがアフガニスタン流なようです。
でもやっぱりケチャップでしょ(^_^;

+++++

そして3月はお別れの季節…。
今回6年前にこちらのクッキングで知り合った関西出身のお友達が、旦那さんの転勤で関東の方に引っ越すことになりました。
広島に住んでても、飛びっきり明るい大阪のおばちゃん全開の彼女(^_^)

お仕事で広島のローカルテレビ番組にも時々出演してたけど、大阪弁丸出しトークやったのが面白かった(*^o^*)

寂しくなるけど、きっとどこに行っても大丈夫だよ!!
今までありがとう(^з^)-☆
[PR]
by ki-ka-zu | 2014-04-05 21:33 | 学び

タイ料理に挑戦!

2014年初のクッキングはタイ料理。
なんだかワクワクします(*^^*)
c0216434_16495595.jpg

今回の講師は教育学部の院生、30代女性2人。
さすがに料理はお手のもので、計量ほぼなし目分量な料理でした。
実際私も普段はこんな感じですけどね。

+++メニュー+++
*カノモパング ナームー
(豚肉のクリスピーパン)
*トムヤムクン
(タイ風酸っぱくて辛いえびのスープ)
*サク カオポッド ナム カティ
(コーン入りタピオカココナッツミルク)

すごい直訳ですが、この方が料理のメージつきますよね。



まずはカノモパング ナームー。
豚ミンチに醤油、オイスターソース、ナンプラー、砂糖、ニンニクのみじん切り、コリアンダー(パクチー)の茎、胡椒、卵を混ぜたものをサンドイッチパンの上に乗せ、カリッとなるまで油で揚げたもの。
c0216434_16525533.jpg

c0216434_16533994.jpg

アルジャードソースは揚げ物につけて食べると美味しいソースです。
タイのお酢、パームシュガー、きゅうり、赤唐辛子、ニンニク、シャロットを混ぜ合わせたもの。
こちらと一緒に頂きます。
c0216434_1657219.jpg

このアルジャードソースの中には10本もの唐辛子が入っています。
甘、辛、酸っぱいソース。
なかなか手に入りにくい調味料ですが、手元にあれば簡単にこの味が再現できます。


続きましてはあの有名なトムヤムクン。
まさかトムヤムクンが作れるなんて思ってもなかったけど、こちらも食材と調味料さえあれば簡単に再現できます。

こちらは生のレモングラスとガランガルというショウガ科のハーブ。
c0216434_172852.jpg

その他ライムの一種であるコブミカンの葉、コリアンダー、唐辛子、マッシュルーム(今回エリンギ使用)、エビ(できれば尾頭付き)、ココナッツミルク
c0216434_1761831.jpg

c0216434_1775053.jpg

まずはハーブ類を沸騰した湯に入れて加熱。
c0216434_1713247.jpg

次に唐辛子、マッシュルーム
c0216434_1716275.jpg

ナンプラーとチリソースペーストを入れて味付けし、 エビ、胡椒を入れて加熱。
c0216434_17175714.jpg

最後にココナッツミルクとレモン汁を入れ、コリアンダーの葉をのせて出来上がり。
c0216434_17181120.jpg

こちらも唐辛子10本使用し、激辛だったけど、ココナッツミルクを入れると激辛なのにまろやかになり、レモン汁を入れると酸味でまた味も変化し、 材料が加わるたびに味がどんどんかわっていくのが魔法のようでした。

今回使った調味料。
c0216434_17262829.jpg

左から
*オイスターソース
*ナンプラー
*タイの醤油
*タイのお酢
*チリソースペースト
*ポッカレモン
タイ料理って感じでしょ。

最後にサク カオポッド ナム カティ。
水で戻したタピオカを水で煮て、トウモロコシと大量の砂糖を入れます。
c0216434_17285018.jpg

もうひとつの鍋でココナッツミルクとパンダンリーフを入れて煮ます。
c0216434_17303835.jpg

タピオカにココナッツミルクをかけて頂きます。
c0216434_17334219.jpg


今回のタイ料理は以上!
c0216434_1734466.jpg

唐辛子入れすぎで正直めちゃくちゃ辛かった~(><)
でも甘、辛、酸っぱいタイ料理はコレ!

今回結構詳しくメモを残しました。調味料さえ手に入れば簡単にできるので、お試しあれ!
分量は味見しながら適当に(^_^;


そして来月はスリランカ料理。
カレーが予想されるけど、次回も期待できそう(*^^*)

*****

余ったアルジャードソースをお持ち帰りし、ベトナム風生春巻きを作って食べました。
c0216434_17415842.jpg

タイとベトナムの融合や~!
これまた美味しかったぁ(^з^)-☆
[PR]
by ki-ka-zu | 2014-01-22 17:58 | 学び

ハンガリー料理に挑戦!

後期のクッキングが始まりました。

初っぱなはハンガリー料理。
ヨーロッパなのでまずまず期待は出来そう(*^^*)

まずはお勉強。
ハンガリーってどこ?
c0216434_1903888.jpg

見にくいですが、濃い緑の部分、ヨーロッパの陸地に囲まれた国です。

何が有名なの?
っと言われてもなかなか思い当たらない…。
ピアノの先生をしている生徒さんと、ハンガリー舞曲って曲があるから音楽が有名なのかな?とかテキトーなこと言ってたけど(^_^;
そういえば、satomiさんも発表会でCD販売できるくらい上手にハンガリー舞曲の連弾引いてたね!ってハンガリーつながりに勝手に喜んでる私(^_^;)


実はパプリカパウダーってハンガリー料理では欠かせないもので、パプリカパウダーが超有名なんですって!
パプリカは抗酸化作用物質が含まれていて、アンチエイジングや疲労回復効果があり女性に人気!
知らなかった…。
c0216434_21542461.jpg


後はハンガリー刺繍。
c0216434_192622.jpg

小花柄の可愛らしい刺繍で、民族衣装にはこの刺繍が入ってます。

今ではネイル柄やシューズのConverseの柄にも使われてるとか。

お国のお勉強はここら辺にして、今回の講師は26才の可愛い独身女性♡
3月にコチラの大学院の文学部でお勉強されています。
将来の夢は教授になることってサラッと言ってたのがすごかったな(*^^*)

今まで日本とハンガリーを行ったり来たりで、通算1年半しか日本にいないのに、日本語ペラペラで通訳いらず。
さすが文学部ですね。

だから英語が喋れない私でも、いっぱいコミュニケーションが図れました(*^^*)

+++メニュー+++
*パプリカチキン
*ノケデュリ(手作りパスタ)
*パラチンタ
(ハンガリー風クレープ)
*シナモンアップル
(パラチンタのフィリング)

材料は
c0216434_15262188.jpg

パプリカパウダーを使う以外は普通です。

パプリカチキンはハンガリーでは代表的な料理。
みじん切りした玉ねぎ、にんにくをたっぷりの油で炒め、パプリカパウダーを入れる。
鶏肉も一緒に焼き、水、マギーブイヨンを入れフタをして中火で30分煮込む。
塩コショウで味を整える。
c0216434_14561162.jpg

今回は鶏肉で作ったけど、豚、牛、魚でもOK!

ノケデュリは薄力粉、卵、水、塩を混ぜ生地を作る。
沸騰したお湯の中に、スプーンで少しずつ入れて茹でる。
茹で上がったらひっつかないようにパプリカチキンのソースを絡めておく。
c0216434_1525542.jpg

茹でたノケデュリ の上にパフリカチキンをのせて出来上がり!

クレープはスライスしたりんごに砂糖とシナモンをふりかけて混ぜたものをクルクルと巻いて出来上がり!
c0216434_15302274.jpg

今回はこの2品でした。
c0216434_15311640.jpg

日本人のお口にも、なかなか美味しかったですよ。

ちなみに、講師の先生とは家がご近所でした。
いつかばったりスーパーや図書館でお会いしたときは、日本語で声かけますね!
[PR]
by ki-ka-zu | 2013-11-21 16:25 | 学び

陶芸教室

8月に焼き上がった作品をやっと取りにいきました。
自分のイメージとは全然違った出来上がりでチーン。

自称北欧風食器。
c0216434_1433449.jpg

白い釉薬つけたけど、赤土だったのでややベージュがかった色に。
アクセントのラインはろくろを回しながら筆で描いたのでガタガタ(T_T)

しかもお茶碗の予定が直径8cmと小さくなって、何を入れようか!?

こちらも自称北欧風食器。
c0216434_14382861.jpg

白土に白い釉薬なので真っ白ですが、赤のドットがガタガタ。
にじんでしまったのですね。
サイズ的にはもっと大きな器の予定が、お茶碗サイズの直径10.5cm。

お茶用の砂糖やスプーン置きの小皿。
c0216434_14432071.jpg

余った白土で作り、ドットも全部違う色で描いたつもりが、2個は同じ青になってるし、もう1個はこんな黒いはずじゃなかったのに…。

でもまあ、自分で作ったのは愛着が湧く!
見方によったら可愛いく見える(*^^*)


最後に、この渋い器は。
c0216434_1447572.jpg

c0216434_1448440.jpg

これも予定では自称北欧風食器で、黒土で白のラインをろくろで均等に描いた、白黒ストライプでした。
が、が、が!
白のラインを引いたら釉薬が焼くときに熔けて、グレーっぽくなってしまった。

想定外の、ザ・和食器!
でも内側まで模様が施され、釉薬がいい具合にひび割れ感を出していて高級そうに見えなくもない出来上がり。

今回の陶芸教室の作品は以上。

陶芸って奥が深いですね~(#^.^#)
これをもって半年間の陶芸教室は一旦終わりにします。
[PR]
by ki-ka-zu | 2013-10-22 15:01 | 学び
私がこちらに引っ越してきて何か暇つぶしにと思い通いだしたお料理教室。
半年通って、仕事で行けなくなってしまい辞めてしまいました。

最近また暇をもてあましているので、
お料理教室に今回約3年ぶりに復活しました。

この教室は毎月1回、世界各国の講師の先生が自国のお料理を教えてくださいます。
そしてみんなで作って、みんなで食べて、パワーポイントを使って先生がお国紹介を。

そしてどこの国の先生も皆さん英語で話されるんです。
もちろん私みたいな英語音痴な生徒のために通訳の方もいらっしゃるんですが^^;

なかなか世界の料理を口にする機会がありませんし、各国の文化に触れることもないのでとてもいいお勉強になります。
それに何より英語を耳にするチャンス。

前にも述べたことがありますが、私の住む町は海外からの留学生が多く、
娘の学校にも各クラスに1人ぐらいは外国人の方がいらっしゃいます。
もちろん職場にもよく来られます。
この町に住んでいて、英語を必要に感じることが多々あるのですが、
どうしても自分から話しかける勇気がなかったり、
必要に迫られてもコミュニケーションが取れなかったりで^^;

前置きが長くなりましたが、そういうわけで今回の料理教室はとても楽しみにしていました。

今回は「キルギスタン料理」。
講師のナジック先生はスラッとした可愛い女性。
アジアンチックな顔立ちです。
キルギスタンってどこにあるかって?!
私も知りませんでしたが、旧ソ連から分かれた中央アジアなんですって。
○○○○スタンって、サッカーで有名なとこら辺。
(適当な説明でスミマセン^^;)

メニューは
 ・オロモ(人参ロール)
 ・肉のスープ
 ・サラダ

オロモ作りはとても楽しい♪
生地をこねて伸ばし、
c0216434_17295241.jpg

人参、玉ねぎ、ニラに塩で味付けしたのを全体に敷き詰め、
クルクルと巻いていきます。
c0216434_17312387.jpg

これを蒸し器で蒸す。
ちょうど蒸し餃子みたいな感じです。

ほかの2品は他の人が作ってくれましたので。。。

そして出来上がりの3品は、
c0216434_17335675.jpg

とってもヘルシーでカラフルなお料理です。

味はあっさり薄味で、野菜のうまみが十分に染み出てて、
日本人でも全然癖がないので食べやすかったです。


英語のほうはやっぱりさっぱりわかりませんでしたが、
少しずつ耳慣らししていけたらって思っています。

来月はドイツ料理。
これまた楽しみです^^
[PR]
by ki-ka-zu | 2011-11-16 17:45 | 学び

子育てと仕事の合間のホッとしたひととき、なんでもない日々の記録


by KIKIママ